怪奇と色彩

 子供の頃、人によりカラーの夢とモノクロの夢を見るタイプに分かれると読んだ事があります。肉体労働者はモノクロで頭脳労働者はカラーであるとか。その真偽はともかく、僕の場合はカラーの夢で、悪夢の場合に色による法則があるようです。

 僕の悪夢には二種類あり、緑色を伴う悪夢と赤を伴う悪夢。緑の悪夢には、緑色の怪物や軟体動物が現れ、それらに襲われる恐怖。赤の悪夢は赤い障子の前に座る少女や目が真っ赤な美少女など、エロチックな趣があるのです。

 

 皆さん、お気づきかと思いますが、僕の怪奇画は緑と青を合わせたような寒色で描かれたものが多いのは、僕にとって青緑色こそ死の色、怪物の色、襲い来る恐怖の色だからです。

 令和怪奇画報のロゴなど、文字のデザインにもそういった色を使う理由はそれで、怖い色であると同時に心地よくもあるのです。

 闇の如き黒と、死の色である青緑。この色彩が僕の怪奇の色なのです。

 

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

妖怪編と怪異都市伝説編

令和怪奇画報の出版を決めた時、各巻の題材をどう決めていくか、どんな順番で展開させていけばいいかを考えました。 まだ元号が平成だった頃、ウェブサイトを使って無料で閲覧できる怪奇画報を作ろうかとも思っていました。その頃はある企業の作画仕事で日々疲弊し続ける仕事量を点滴を打ちながらこなしていたので、その仕事が終わってから毎日2時間か3時間、怪奇画に時間を割き、月一枚程度を完成させる感じでした。 元号が令

大器晩成

僕は20代の頃に画業において大器晩成型でいくと決めました。ホラー漫画や美少女コミック雑誌などで漫画の仕事はしていましたが、半ば遊びで楽しみのためにやっており、画力において納得はしていませんでした。ですから雑誌掲載より漫画アシスタントで修行する事を優先したのですが、結果それで良かったと最近特に思うのです。 まず映画秘宝でのイラスト掲載をきっかけに自分でもかつての怪奇児童書に負けないものを描けるという