子供の頃の怖い場所

 10歳に満たない頃、怖い場所に一人で行くのが好きというか、子供なりのイニシエーションとして時々挑戦していました。

 夜や夕暮れは怖すぎるので避けて、できれば太陽光のある午後。

 森の中、神社や墓地、防空壕跡、空き地にある用途不明の地下室・・・東京郊外では近所に結構ありました。一人で行くとちょっと怖い場所が。

 とにかく、そこに行き何もしないで辺りの様子を感じながらただ佇む。だんだん怖くなって耐えられなくなったら駆け足で逃げ出すという行為なのですが、数分でも一人でそこにいたという事実が通過儀礼として、達成感がありました。

 大人になると、そういう怖い場所は減ってしまいましたが、実はまだあります。

 バイクで日本中を走り回っていた頃、廃墟に行ってみた事があります。やはり一人でいると、掴み所のない恐怖が感じられて30分も経たずに退散しました。

 他には、冷や汗をかくような思いにとらわれた場所では、北海道の知床の山奥や長野県戸隠山の深夜の森林。

どちらも野生の熊の観測のために訪れた場所ですが、熊との出会い頭での接触は恐怖です。熊の糞や、寝ていたと思われる広範囲に倒れた草などを見つけ、そこが沢の近くだったりすると、熊にはこちらの起てる音も聞こえないため、いきなり近距離での接触をしてしまう可能性を考え、怖くなります。

 こういった一人でいるだけで怖い想像をしたりしてしまう場所の共通点は、滅多に人が来る場所でないところです。

 山奥にある湖畔のキャンプ場で一人だけのテントで夜中に足音や獣の鳴き声が聞こえた時も相当恐怖でした。

 単独登山をしている時も怖い気持ちになったりしますし、誰もいない、来るはずのない場所に一人でいる事は、昼間であろうと怖くなれます。

 僕が怖がりなのかも知れませが、動悸が激しくなり、脇の下にいやな汗をかくような恐怖を味わえる場所は、大人になった今でもたくさんあり、深夜という時間を加えれば、世界は怖い場所だらけですね。  

39回の閲覧

最新記事

すべて表示

ツイッターの光と影

ツイッターというツールはとても面白く思い、日本に導入されて即座に登録しました。 最初のアカウントでは、面白さ激しさ優先のツイートの連発で暴れすぎた事を自省して削除したので、今は真っ当なかたちでの再出発アカウントで楽しんでおります。 現在は、主に「令和怪奇画報」及び北原功士という怪奇人間の描く絵を皆さんに知っていただく事を目的に使っておりますが、時折、変なツイートをしてしまうのは過去の名残です。 イ

さらばクリスマス!

絵を描いているうちにクリスマスが自動的に過ぎ去りました!外出でもすれば街はクリスマスムードに染められていたのでしょうが、余程の用事が無い限り家から出ない僕には冬が来ている事すら今ひとつ実感がありません。 テレビも映像ソフトの再生専用機であり、番組は見れないので、外界での出来事もあまり知らずに過ごしています。 思えば昨年末から怪奇画を描き続け、正月も作画に集中しておりました。クリスマスや正月などの季

死について

今日はスキャナーのパーツと画材が必要になったので、10日ぶりに外出しました。足りなくなった絵の具も手に入り、気分良く帰宅するはずがシュンとなって帰ってきました。 浅草から秋葉原まで歩き、上野の金華堂に立ち寄り画材を買いました。 雨の中歩き続けたので金華堂の裏にある公園で少し座ってから帰ろうと思ったのですが、公園の入口の地面で鳥が飛ぼうとしている、あるいは立ち上がろうとしていました。原因はわかりませ