人形と怪奇


 リビングデッドドールズのグレイディツインズ。

キューブリックの「シャイニング」に出てくるキャラクターですが、ヴァラクとヨローナと並べないと、一見、ホラー映画のキャラクターには見えないかわいらしさです。

僕は元来、人形というものが好きで、子供の頃にはさすがに手を出さなかった、バービーなどの女の子用の人形も10代後半には買っていたと思います。

 ミニカーやラジコンなどの自動車のオモチャにはあまり興味がなく、とにかくキャラクター物のオモチャばかり買ってもらっていたのは、意思を感じさせるものだったから。

学校の友達とは違う、別世界に住むものを身近に置きたかったのでしょう。

 そもそも、人型のものは古来、呪物や葬送儀礼に用いられたりと、何やら奇怪な側面も持っていますが、子供にとっての人形は生きていない事を認識しつつも、感情移入してしまう存在です。それゆえ、怪談やホラー映画の題材にもなりやすく、怪奇世界の一端を担う事になります。

部屋に飾っていても、そこにあるではなく、そこにいるという感覚で捉えてしまう不思議なもの。

 リビングデッドドールズのような怪奇人形やホラー系のフィギュアに限らず、人形そのものが怪奇的であるといえるでしょう。

何歳になっても、人形集めはやめられそうにありません。


 


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

妖怪編と怪異都市伝説編

令和怪奇画報の出版を決めた時、各巻の題材をどう決めていくか、どんな順番で展開させていけばいいかを考えました。 まだ元号が平成だった頃、ウェブサイトを使って無料で閲覧できる怪奇画報を作ろうかとも思っていました。その頃はある企業の作画仕事で日々疲弊し続ける仕事量を点滴を打ちながらこなしていたので、その仕事が終わってから毎日2時間か3時間、怪奇画に時間を割き、月一枚程度を完成させる感じでした。 元号が令

大器晩成

僕は20代の頃に画業において大器晩成型でいくと決めました。ホラー漫画や美少女コミック雑誌などで漫画の仕事はしていましたが、半ば遊びで楽しみのためにやっており、画力において納得はしていませんでした。ですから雑誌掲載より漫画アシスタントで修行する事を優先したのですが、結果それで良かったと最近特に思うのです。 まず映画秘宝でのイラスト掲載をきっかけに自分でもかつての怪奇児童書に負けないものを描けるという